まぶたブログ 形成外科医が書いたまぶたのお役立ちサイト

一美容形成外科医がまぶた(眼瞼下垂症、まぶたのたるみ、二重など)についての役立つ情報を書いております

びもうかせっかいほう(まゆしたせっかいほう)

眉毛下切開法の症例紹介

上下のまぶたのたるみを取った症例のご紹介

上まぶたの眉毛下切開法および下まぶたの皮膚切開たるみ取りを同時に行った方のご紹介

術前

術後 1年

上まぶた:眉毛下切開法
下まぶた:皮膚切開たるみ取り

まぶたが上下ともに皮膚のゆるみがとても強い状態でした。
上まぶたはたるみのせいで眉毛をあげることで視界を得ている状態です。
自然な目になるように相当量の皮膚を切除しています。
このようなたるみに対して二重のところでたるみを取ってしまうとかなり厚ぼったいまぶたになってしまいます。
その点、眉毛下切開法の場合は厚みのある皮膚を取り除くため自然に薄い本来のまぶたが出てきます。
傷跡はほとんど分からないくらいになりましたが、通常より多めのたるみを取ったため、外側のドッグイヤーという皮膚の膨らみが少し残りました。
下まぶたもやはり皮膚と筋肉(眼輪筋)のゆるみによるよるたるみがメインの症状でしたので筋肉に張りを持たせるように手術をおこない、余った皮膚を切除しています。下まぶたのたるみは通常皮膚を切開しなくてもよいことが多いですが、この方の場合にはやはり切開をした方がよいと思います。