まぶたブログ 形成外科医が書いたまぶたのお役立ちサイト

一美容形成外科医がまぶた(眼瞼下垂症、まぶたのたるみ、二重など)についての役立つ情報を書いております

めがしらせっかいほう

目頭切開法の手術症例紹介

全切開重瞼術、目頭切開、ROOF切除術の症例紹介

切開重瞼術および目頭切開法を行った症例のご紹介です。

術前

術後 6か月

術前 拡大

術後 拡大

切開重瞼術、目頭切開法、ROOF切除

目が小さいことがいやで目を大きく二重したいというご相談でこられました。
典型的な一重まぶたであり、さらにまぶたの皮膚のたるみがあることから目が小さくなっている状態でした。
二重を作るときにたるみもたくさんとることは可能ですが、まぶたの厚ぼったさがかなり強かったためたるみをたくさんとることや二重の幅を出し過ぎるといかにも美容整形手術を受けましたという目になってしまうため、慎重にお話をしました。
そして別人にならないように控えめな二重の作成とそのときにできるだけまぶたの厚ぼったさをださないようにするためにROOF切除をおこないました。
また、強い蒙古襞(もうこひだ)の張りが目を小さく見せている印象がありましたので目頭側の目も大きく見せる目的で目頭切開(Z形成術)を行わせていただきました。
術後は予定通り自然に目が大きくなりました。
まぶたのたるみ感が弱冠改善されたため眉毛が少し下りてきました。
眉毛をメイクする習慣があれば眉毛下切開を併用するとさらに目は大きく見せることができると思いますが今回はそこまでのご提案はしていません。
今回はご本人様の皮膚の体質もよく、目頭切開の傷痕はほとんど分からないくらいになりました。